秋田県横手市の広報誌

1月 20th, 2018

横手市は北上市から西に行った場所にあり、JR「北上線」でも繋がっていると生きです。そこの広報誌が、横手市出身の漫画家達の対談を掲載するなど、評判になってます。
誌面構成など、参考になる点も多い広報誌です。

最近話題の古い本「君たちはどう生きるか」

1月 14th, 2018

 最近、原作とそれを漫画化した「君たちはどういきるか」という本が話題になってます。原作本が発行されたのは、1937年(戦前)です。
1937年とは、盧溝橋事件が起こり、その後日中戦争へと進展していくことになるきっかけになった年です。世は既に軍国主義で、言論の自由は著しく制限され、市民運動が激しい弾圧を受けていた時代です。
 戦前の中学生向けに書かれた本ですが、実は現代においては、大学生以上の大人に読んで欲しい本です。漫画の方が入りやすかもしれませんが、原作も中学生向きの文章なので読みやすいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

漫画 君たちはどう生きるか [ 吉野源三郎 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/1/14時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

君たちはどう生きるか (岩波文庫) [ 吉野源三郎 ]
価格:1047円(税込、送料無料) (2018/1/14時点)

翔南高校がモデルの漫画

12月 15th, 2017

週間漫画Timesに連対中の漫画の単行本が出ました。翔南高校鬼剣舞部がモデルです。是非、ご一読を!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鬼踊れ!!(1) (芳文社コミックス) [ 篠原ウミハル ]
価格:637円(税込、送料無料) (2017/12/29時点)

議員と子育て

12月 6th, 2017

熊本市議会で、子供を連れて議場に入ったことで賛否両論が巻き起こっているが、そもそも一般の会社で子連れで会議に出席する事はあり得ないし議論もされない。議員だから議論になる事自体がおかしいと思う。何かにつけて議員は特別視されがちだが、「会議」という観点から社会通念的に考えたら、議論する程の事じゃない。しかも当日はベビーシッター役もつれて議場に入ったらしいが、ベビーシッターが居たなら、なぜ控室などで待たせておけなかったのか不思議だ。場所をわきまえないパフォーマンスと言われてもしょうがない行動です。
https://mainichi.jp/articles/20171203/k00/00m/040/039000c

リタイア

10月 9th, 2017

10/8は北上マラソンでした。昨年は国体があった為、2年振りの開催でした。私はフルの部に出場しましたが、23km付近の第5給水所(更木小付近)でリタイアしてしまいました。途中リタイアは初めてで、回収車に乗ったのも初めてでした。スタート前

「よそ者「「若者「バカ者」

10月 2nd, 2017

核攻撃

9月 19th, 2017

面白い動画を見つけました。歌詞にも大変意味があるようですので参考になると思います。

東芝フラッシュメモリ新工場

8月 7th, 2017

北上市に東芝のフラッシュメモリの新工場が作られるようだ。10年ほど前からそういう話が出たり引っ込んだりしていたが、今度こそと期待したい。まだ正式な発表ではないようだが、ホンモノだと思う。

ひさびさの夜勤

6月 12th, 2017

6/11(日)は、いわて銀河100kmマラソンが開催されました。北上の陸上競技場を午前4時にスタートして雫石の運動公園まで走る大会です。毎年、午前2時頃からタクシーの予約が殺到します。泊まりの人数を考えて予約を受けるので、お断りする場合もありますし、予約無しで当日電話が来る場合もあります。また、このマラソン大会とは別に「北日本医科学生陸上競技大会」も同日の日中にあり、その前日から大量の予約があった為、私も久々に夜勤で出勤しました。10日の夜8時に出て、11日朝7時過ぎまで居ましたが、結局、マラソンの当日の電話は無く予約だけの配車で、居る車両だけでなんとか間に合いました。私は、それ以外の飲食店などからの急な配車に対応してましたが、思ったよりは忙しくありませんでしたが、やっぱり夜の運転は疲れます。

グラフック・ハーベンティング基礎講座

6月 3rd, 2017

一関市で開催された、グラフッイク・ハーベスティング基礎講座に参加してきました。「ハーベスト」とは「収穫」という意味だそうで、会議などの場でグラフッイクを多用して良い結果を得るという意味のようです。

講師に一般社団法人 サステナビリティダイアログの牧原ゆりえ氏を迎えて、初歩的な絵の書き方などから実習しながら学びました。

今まで、ワークショップなどで付箋紙を貼って、グループ分けして関係するグループを矢印などで関連付けて、といった事しかやってなかったので、イラストや絵を多用して分かりやすく親しみやすくするという手法は新鮮でした。

また壁に「ランドスケープ」という話の流れをグラフィカルに記録していくという手法も拝見しましたが、これがまたわかりやすいというか親しみやすい内容でした。

今回の手法は何らかの形で生かしていきたいと思いますが、グラフィカルな表現も文字あっての事で、講師も話されていましたが、文字と絵のバランスは、どいうやったら伝わりやすいかを主眼として判断して作成していけば良いとの事で、その辺が難しいポイントなのかもしれません。(そもそも、絵を描くという点が難しいのですが)

ランドスケープを書いてるところと、その完成図に近い状態↓