議会改革推進会議・他

2016.12.20

 議会改革推進会議では、「事業評価・施策評価」について、市当局ではどのように自己評価しているかについて、政策企画課から説明を受けました。広く全議員に参加を呼びかけ、半数以上の議員が参加しました。
 事業評価については、約1,600事業のうち、約700事業について実施しているとの事でしたが、その手間暇が大変そうです。そして事業評価には市民ニーズによる視点は無く、施策評価の段階になってようやく市民意識調査の結果などが出てきましたが、評価指標などがその意識調査とは別の視点で制定されていたりする点も少し不思議でした。何となくですが、ここまで手間暇かけて内部評価してるけど、評価手法そのものが少し違うのでは、という点もあるとそもそもマーケティングの視点に欠けてるような気がしました。まあ、この辺についてはまた機会を見つけて調べていきたいと思います。
 午後からは、広聴広報委員会の広報部会で、議会だより第104号の文字校正を中心に実施しました。今回も全原稿が揃っていたので、文言や表現など、細部まで校正したのでかなり時間かが掛かりました。毎度の事ですが、結構疲れます。(笑)


教育民生常任委員会

2016.12.19

 市民と議会をつなぐ会で出された意見等の中からいくつかピックアップして、議会としての回答を協議しました。今年のつなぐ会は高校生や青年団体、婦人団体、高齢者団体などと実施し、時期も7月と9月というように期間を置いた為に、まとまるのに時間が掛かりました。年末になってようやく常任委員会で協議できるようになりましたが、これを再度協議するのは年明けです。
 また、来年度にかけて各常任委員会から政策提言をしようという事で、取り組むべきおおまかな課題とスケジュールも協議しました。課題は、福祉、環境、教育の分野からそれぞれ1項目とし、スケジュールは毎月1回の委員会の開催と、どのステップを何月頃までに仕上げるかというような内容を決めました。
 午後からは、障がい児の学童保育である「放課後等デイサービス事業所」2ヶ所の視察と意見交換を行いました。


第216回12月通常会議[最終日]・他

2016.12.15

 12月通常会議の最終日は、核常任いいんかいに付託された条例改正案や補正予算などについて質疑・討論・採決を行いました。
 特に意見が分かれた案件は無かったのですが、請願1件だけが、委員長報告が「趣旨採択」るであったにも関わらず、「採択」になりました。少し珍しい事です。
 また本会議終了後は、議会全員協議会があり、「東日本大震災広域避難者支援指針の策定」「防犯まちづくり基本計画の見直し」「交通安全計画の策定」「都市計画区域の変更」「生活排水処理施設アクションプランの策定」などの説明・協議があり、旧朝比奈製作所跡地の土壌汚染対策については報告がありました。
 また、最後にコミュニティFMの事業者選定についても説明がありましたが、選定された事業者は合格ラインギリギリの311点という評価でしたし、審査員5人のうち3人は合格点以下の点数でした。こういう事業者に本当に任せられるのか、大いに疑問です。
 


産業建設常任委員会研修会

2016.12.14

 12月会議の中間日でしたが、産業建設常任委員会が「北上市農業ビジョン」の見直し案についての勉強会を開催し、委員以外も傍聴できるとの事でしたので参加しました。
 「農業ビジョン」は「農林業ビジョン」として新たに林業を加えて大幅な見直しを起こったそうです。見直しポイントは沢山あって書き切れませんが、一番残念な点は、マーケティングの視点が全く無い事です。農作物にしても作付面積拡大の目標値などを掲げていますが、そもそもその作物は、現在どういうマーケットで販売しているのか、JAなのか産直なのか農家の直接場範囲やインターネット販売なのかという点を全く分析せずに、単に生産者側の視点だけで今後のビジョンを描いています。生産しても売れなければ意味が無いわけで、人口減少社会においてどこにどれだけ需要がありそうか、という視点を持たないと供給過剰で価格が下がるだけです。農家所得向上と言いながら、この消費側からの視点が無かったのは片手落ちだと思いました。


第216回12月通常会議[一般質問3日目・他]

2016.12.8

 12月議会一般質問の3日目です。3人の議員が登壇し、すべて女性議員でした。北上市議会議員26人中5人が女性であり、そのうち3人がたまたま同じ日の登壇となった訳です。
 終了後は、各常任委員委が開催され、付託された条例改正について協議しました。
私の所属する教育民生常任委員会では、案件は1件だけで、市の奨学金の返還に対する減免についての条例改正で、全会一致で可決されました。
 国でも大学生を対象とした給付型の奨学金を創設する動きもありますし、岩手県議会でも奨学金に対する補正予算が上程されたとも報じられています。北上市もこれらの周囲の状況をみて、将来的には更に見直す必要も出てくるのかもしれません。


第216回12月通常会議[一般質問2日目・他]

2016.12.7

 12月議会一般質問の2日目です。5人の議員が登壇し、私が最初の登壇でした。
 今回はかなり準備をしてきたつもりでしたが、再質問の順番などを間違えたりして時間も少なくなり、予定していた再質問が全部できませんでした。まだまだ修行不足です。
 最初の質問原稿は、こちらこちらをクリックするとPDFファイルでご覧頂けますが、

というソフトまたは類似のソフトが必要になりますので、 こちらからダウンロードしてインストールしてご覧下さい。ただし「選択オプション」のチェックは外してからダウンロードした方が良いと思います。
 また、本会議終了後は、議長招集の議会全員協議会を開催し、議員の派遣についてはその為だけに本会議を招集しなくても良いように会議規則を変更する事について協議し、最終日に議員発議する事としました。
 更に、その後には、初めて委員長会議が開催され、それぞれの委員会の進捗状況の報告と今後の政策提言への取り組みについて協議しました。この会議は、各常任委員長と議会運営委員長、広聴広報委員長の連絡会議として、たぶん初めて開催されました。以前から同じ会派の副議長には話しをしておりましたが、ようやく実現しました。本来は定例化し、担当書記まで含めて開催すべきだと思いますし、協議の場として正式な会議とすべきでしょう。

第216回12月通常会議[一般質問1日目]

2016.12.6

 12月議会一般質問の初日です。5人の議員が登壇しました。今回は、質問と答弁あわせて60分という制限時間を使い切らないで早めに終わる議員が多く、全体の終了時間も予定より早めに終了しました。もちろん、時間ではなく中身なのですが、1人を除いてはあまり突っ込んだ内容とはならなかったような気がします。
 毎回の事ですが、他の質問を聞いていると良い点、悪い点とも勉強になりますが、なかなか自分の時に生かせないのが残念です。


第216回12月通常会議[初日]

2016.12.1

 12月議会の初日です。国体のため、延び延びになっていた前年度決算がの審議がようやく終了しました。決算特別委員長の審査報告に対して反対討論、賛成討論があり、一般会計、国保特別会計、介護特別会計は賛成多数で、他の会計は全会一致で認定されました。
 他に、条例改正9件が、三つの常任委員会に付託、補正予算7件と一般議案3件は提案理由の説明。一般議案1件は採決まで行われ、可決されました。他に請願3件は各常任委員会へ付託されました。