議会改革推進会議・広報部会

2016.11.28

 久々の議会改革推進会議でした。協議事項は「事業評価について」で、議会としてどういう目的で、どのように事業評価を行ったら良いのか、先進自治体の事例を参考に協議しました。まず、当局が実施している評価内容や方法の勉強会が必要では、とか、先進地の視察が必要などの意見も出されました。
 午後からは、広聴広報委員会広報部会で、議会だより第104号の紙面構成と原稿の役割分担を行いました。


12月通常会議一般質問通告書提出

2016.11.24

 12月通常会議において一般質問を予定してる為、その通告書を提出してきました。大きく「国体の総括とレガシーの継承について」と「外国人観光誘致と対応策について」の2項目について質問します。通告書は こちらをクリックするとPDFファイルでと こちらをクリックしてご覧頂けますが、
というソフトまたは類似のソフトが必要になりますので、 こちらからダウンロードしてインストールして下さい。

会派要望書提出・他

2016.11.22

 所属する会派・北新ネットでは毎年、市政への要望書を市長宛に提出しています。今年も10項目について要望書を提出しました。要望書は こちらをクリックするとPDFファイルでご覧頂けますが、
というソフトまたは類似のソフトが必要になりますので、 こちらからダウンロードしてインストールして下さい。
 また、市政調査会が主催で、一部事務組合議会の報告会がありました。「 北上地区広域行政組合」「 北上地区消防組合」「 岩手中部水道企業団」「 岩手中部広域行政組合」のそれぞれの議会の議長から報告を受けました。
 その後、議長招集の議会全員協議会を開催し、広聴広報委員会から「市民と議会をつなぐ会実施報告書(上)(中)」の説明と来年度から導入予定の「議会モニター制度」について説明し、協議しました。
 午後からは、バスで盛岡グランドホテルへ移動し、岩手県市議会議長会研修会に参加しました。研修は、 岩手県ラグビーフットボール協会会長の白根敬介氏より「 ラグビーワールドカップ2019 岩手県釜石市開催について」と、政治評論家の有馬晴海氏より「どうなる?今後の日本政治」についての講演を聞きました。ラグビーについては私自身も協議をしていたせいもあり、大変興味深く聞きましたし、大会概要もおおまかに把握できました。これからの日本政治についてはトランプ次期大統領の影響から、安倍政権の話まで幅広く、そして裏側の話まで聞くことができ、こちらも面白い内容でした。

議会全員協議会

2016.11.18

 12月通常会議に向けた、提案議案などについて報告・協議がありました。特に質問が出されたのは、コミュニティFMの事業者選定についてでした。
 該当者が居なかったので、合格点300点に近い2者だけに絞って、再度選考会を実施するとのことでしたが、また達しなかったらどうするのか、同じ基準で先行するのか、再検討するには時間が無いのではないか、などの質問がありました。これらに対し、対象者には祭典内容と指摘事項を通知しており、期間内に対応できると思う、基準は同じで、再度達しなかった場合は、再公募するかどうかなど根本的に検討しなおすとの答弁でした。


決算特別委員会全体会・他

2016.11.17

 決算特別委員会の全体会がありました。各分科会委員長の報告に対し、多数の質疑が出されました。少し決算審議から外れた質疑もありましたが、例年よりも質疑件数は多かったのではないかと思います。
 決算はすべて認定され、そのあとに代表者会議があり、それが終わるのを待って、広聴広報委員会から正副議長への報告を行いました。内容は、「市民と議会をつなぐ会」の中間報告と、上巻と合わせて各常任委員会でその内容を精査して欲しい旨と、議会モニター制度の実施に向けた制度概要の説明を行いました。これらについては、22日に議長招集の議会全員協議会を開催して頂き、説明する予定としました。
 その後、会派の例会を行いました。各委員会や代表者会議の報告と、12月通常会議における一般質問予定者とその内容について、いろいろと意見を出し合いました。そして、会派要望書の最終確認をし、22日の朝に市長へ提出することとしました。
 また、会派の忘年会は、JR北上線の利用促進を兼ねて、横川目で行うこととしました。


北新ネット視察[オガールプラザ]

2016.11.15

 会派の視察は紫波町の「オガールプラザ」に行ってきました。こちらは、毎週火・水・木の午前と午後しか視察を受け入れておらず、我々も他の4団体との合同視察となりました。午後も5団体の予定だそうです。
 地方創生の切り札として、官民連携の成功事例として全国から視察が相次いでいます。話を聞いて思ったのは、前町長と現在のオガール紫波(株)の社長の二人のキーマンがタイミング良く紫波町にいたから成功した事例だと思いました。更に、東洋大学の官民連携の研究室の存在も不可欠でした。
 非常に面白い事例ですが、なかなか他の自治体ではまねできないと思いました。


広聴部会・教育民生常任委員会

2016.11.14

 午前中は、広聴広報委員会の広聴部会を開催し、市民と議会をつなぐ会の報告書(中)の最終確認と、(上)を合わせて書く常任委員会への割り振り区分について協議しました。また、議会モニター制度の最終協議も行いました。今日の結果を正副議長に報告する事になります。
 午後からき、教区民生常任委員会で、北上市では来年度からスタートする「介護予防・日常生活支援総合事業」について、保健福祉部長並びに長寿介護課長から説明を受け、質疑も行いました。
 すでに実施している自治体もあるとの事ですが、北上市では平成29年度かにら一部実施し、第7期介護保険事業計画が平成30年度からスタートとするので、それに合わせて以降していく予定との事でした。
 年々仕組みが複雑化し、介護にかかわる予算の増加の一途であり、予測されていたものの高齢化社会の負担が目に見えてきました。どこまで市民みんなで支えられるものやら、人材不足が一番の懸念かもしれません。
 今日の説明で、私の勘違いが一つ訂正されました。政府が言う「介護離職ゼロ」とは、介護職に就いている方の離職率をゼロにするものしばかり思っていましたが、そうではなく、親などの介護の為に現在の職場を辞めてしまう方をゼロにするという言わば「介護ための離職ゼロ」という意味だったのですね。 


決算特別委員会第二分科会[3日日]

2016.11.10

 決算審議の3日目も、医者から処方された薬を飲んだにも関わらず38度代の高熱が引かず、またしても無念の欠席となりました。セキも鼻水もくしゃみもほとんど出ず、喉もあんまり腫れてないとの事ですし、インフルエンザ反応も無く、肺炎でも無さそうとの事で、点滴を打ちましたが、それでも熱が引かず、結局平熱に戻ったのは翌日の昼頃でした。けっん審議は丸々2日も休み、会社も3日休んでしまいました。原因不明(?)の高熱とはいえ、体調管理の甘さが露呈した次第です。


決算特別委員会第二分科会[2日日]

2016.11.9

 決算審議の2日目は、なんと前夜からの39度の高熱が引かず無念の欠席となりました。


決算特別委員会第二分科会[初日]

2016.11.8

 国体のため伸びていた決算審議がようやく今日から始まります。教育民生常任委員会所管の決算についてはこの第二分科会で審議し全体会で報告されます。
 初日は、教育委員会の総務課、子育て支援課、文化財課、博物館、中央図書館、学校給食センターに掛かる決算説明と質疑を行いました。
 これらの中で、給食センターにおける地元食材の使用率がH26は上がったが、これ以上の工場は供給者側の課題もあり難しいという説明がありれました。委員からは、もっと利用率を上げるよう取り組んで欲しいとの意見がありました。お米を除く地元食材の使用率の年度別水位は次の通りです。 
 H22[29.7%]  H23[27.9%]  H24[20.3%]  H25[15.8%]  H26[32.1%]


広聴広報委員会広聴部会

2016.11.7

 第9回広聴部会を開催し、9月に実施した市民と議会をつなぐ会の報告書のまとめと、議会モニター制度について協議しました。
 報告書は3部編の「中」として発行します。7月に実施した高校生と青年団体についてが「上」、今回の女性団体と高齢者団体についてが「中」となります。今回は、内容表現の校正と分類の見直しを行い、次回には最終版として正副議長報告を経て配布予定です。また、次回には、「上」と合わせて、出されて意見等を常任委員会単位に割り振り、それぞれの内容について協議してもらう予定です。
 議会モニター制度つにいては、来年度からの実施に向けて、制度設計の書斎について協議しました。こちらも、次回には最終版とし、正副議長説明、議会全員協議会での説明を経て、実施したいと思います。